カートをみる お得なポイント会員(登録)・ログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 
HOME > 宮城の地酒 > 金龍蔵(一ノ蔵)
・金龍蔵の歴史
昔ながらの造り酒屋の風情を残す金龍蔵は文久2年(1862年)に宮城県栗原市一迫(一ノ蔵 本社蔵のある宮城県大崎市松山から北へ約40k)に創業しました。平成3年に一ノ蔵と業務提携後、大吟醸・純米吟醸酒・特別純米酒の特定名称酒のみを醸しております。ここでは酒造りの文化の継承を大切にし、現在では全国的にもとても珍しくなった、南部杜氏発祥の岩手県から杜氏・蔵人・賄を雇い入れ造り期間中は蔵に泊まり込んで昼夜を問わず作業にあたる昔ながらの雇用・作業形態を続けております。

・蔵名の由来
金龍蔵の名は明治時代の宮城県知事から拝命しました。蔵周辺の地名「金田」の「金」と水の神として崇められる「龍」の字を取り、金龍蔵と命名されました。


商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜8件 (全8件)

1件〜8件 (全8件)

ページトップへ